<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | -
中年進化論 plus
出演者:緒方恵美、石田彰、成田剣、水樹奈々、関俊彦、他
役名:杉野禎人
原作:くさなぎ俊祈
発売日:2001年9月25日  発売元:キングレコード

(感想読む前に「少年進化論 plus」の感想を読まれた方が少しはわかりやすいと思います)
ステージ1の「エンジェル学園危機一髪 plus」では、マネージャーが変わってました。杉野さん(CV:成田さん)から芹架(CV:関俊彦さん)に変更になってます。しかも芹架は、水樹(CV:石田彰さん)を狙ってたりしてます(笑) そして、水樹のデビュー作となった「エンジェル学園危機一髪」のドラマの続編が決定したようで、水樹も志穂(CV:水樹奈々さん)も出演することに。そんな忙しい中でも志穂は砂名(CV:緒方恵美さん)に会いに来たりしてたが、志穂が倒れたりしたことにショックを受けた砂名は、志穂のことを考えると分かれた方がいいのじゃないかと悩む。

中年進化論はこのステージ1が主なお話なのですが、実際ここではマネージャーが芹架に変わってるので、成田さん演じる杉野は出てきません(>_<)
成田さんが出てくるのはステージ2からです。ここからは、過去のお話になるので、杉野が出てくるのです。
さて、そのステージ2「(仮)太編」。(仮)太って何だ?って思ったら、砂名生後数日のお話なので、まだ砂名ちゃんにお名前がなかったため、(仮)太(かっこかりた)ちゃんとなってたわけです。冒頭から赤ちゃんをあやす成田さんの声が聞けます(^^) いやぁぁん、可愛すぎる〜!!!水樹に話すケンケンとしたしゃべり方と、泣く(仮)太ちゃんをあやすその演じわけが素敵すぎです!

次に出てこられるのが、ステージ4の病院編。ここでは杉野さん大変な目に!というのも、出番だとドアを叩くと、いきなり水樹がドアを開けたため、近くにあった階段から落ちて頭を打ち、入院するはめに…。階段から落ちるときの「うわわわわわぁぁぁぁぁ!」は聞き所です!しかも、そのお詫びということで毎日水樹がお見舞いにくるはめになったため、お連れ様を見に来るために検温の毎日という不幸な杉野さんです(笑)
この話では、最初は水樹との言い合いでかなりハイテンションな杉野さん、そして水樹が病院の中庭にいるご老人を見つけた後はかなりシリアスな杉野さんになるので、短いお話の中で二つの演技が聞けます!

後、エキストラステージ1にもいらっしゃいます。ここでは杉野さんの妄想が大爆発ということで、ある意味成田さんの得意な部分かも(^^;
ここでは、砂名が女の子だったらという仮定のもと、杉野さんの妄想が突き進んでいきます。まずは生後数日。水樹が砂名のオムツをとりかえるのにとまどってたのを見つけて、変わろうとしたら水樹に怒られた杉野。今度は砂名3歳。泣いてる砂名に「今日は杉野のお兄ちゃんが抱っこしてねんねしてあげる」と告げたとたんに、水樹に殺されそうになるのを想像した杉野さん…。自分の身の安全のために、砂名が男の子でよかったぁと一人でほっとされるというある意味自己満足なお話なのですが、このお話が一番嬉々として演じられてたような気がします(笑)
えっと、勿論「抱っこしてねんねしてあげる」に反応してしまったことは言うまでもない…ですよね(^^;

これを聞いたのがだいぶ前だったので話の内容とか全然思い出せなかったのですが、今回聞く前に、成田さんが赤ちゃんをあやすシーンと、そして砂名が女の子だったらという妄想をしていたことだけは覚えていたので、聞いた当時でもかなり衝撃的…いえ印象的だったのでしょうね。
やっぱり一番の聞き所は成田さんの「お〜、よしよしよし」という赤ちゃんをあやすシーンでしょう!
| ドラマCD | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
| - | - | -
コメント
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://pureflowers.jugem.cc/trackback/84